×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

豊胸手術とは

豊胸手術は胸を大きくする整形手術のひとつです。豊胸手術は大きく分けて「人工乳腺法 (バッグ挿入法)」「脂肪注入法」の2つの方法がありますが、豊胸手術というと一般的には人工乳腺法を差すことがほとんどで、人工乳腺法は、人工的につくられたバッグを挿入する方法です。豊胸手術の脂肪注入法は、脂肪吸引の技術を応用し、太ももやお腹などから吸引した自分の脂肪を胸に注入する方法です。豊胸手術は乳房の中に「詰め物」をする人工乳腺法が一般的な手法で、詰め物として、使用可能とされているバッグには、CMCバッグ、生理食塩水バッグ、コヒーシブシリコンバッグ、シリコンジェルバッグがあり、どのバッグを使用するかは、豊胸手術を受ける人の体質や、希望するバストの形、大きさによって決められます。以前、人体に悪影響を及ぼすとして、豊胸手術にシリコンバッグの使用が禁止されたことがありました。豊胸手術はシリコンの場合には、破裂すると副作用が大きくリスクとなります。他には自分の脂肪をお腹などから取ってきて移植させることもあります。また、豊胸手術の脂肪注入法では生着する率は非常に低いと言われ、難しいのが現状なのです。

豊胸手術のクリニック選びのポイント

豊胸手術は、クリニック選びがとても重要です。豊胸手術を行っているクリニックは沢山あり、どのクリニックも特徴がありますが、どのクリニックが安心できる説明と結果を出しているかは分かりません。豊胸手術クリニック選びのポイントを紹介します。豊胸手術の治療方法が限られ、患者様に自由な選択肢がないクリニックや院長プロフィール等が無く、どんな医師が居るのかまったく分からないクリニックは避けたほうが良いです。また、豊胸手術の麻酔に対し、麻酔科標榜医の存在や安全体制等の有無等の説明がされていないクリニック、豊胸手術のバッグの種類における説明が「独自の」等の表現を使い、曖昧で明確にしないクリニック、豊胸手術のキャンペーンを実施していても元の料金設定が非常に高額なクリニックも避けるようにしましょう。ポイントを参考にして、納得のいくまで説明を聞いて、安心して豊胸手術が出来るいいクリニックを選びましょう。

プチ豊胸手術とは

豊胸手術にはプチ豊胸手術というのもあり、バストアップも顔のプチ整形と同じように、バストにもヒアルロン酸を注入して、簡単にバストをふっくらさせることができるようになったのがこのプチ豊胸手術です。メスを入れることに抵抗があった方でも簡単にバストアップが可能になったのです。豊かなバストには憧れるけれど、メスを入れる豊胸手術はしたくないという人におすすめの、身体に優しい施術がプチ豊胸手術です。プチ豊胸は切開をしない注射だけの豊胸であり通院の必要はありません。レントゲンには写らないので安心で、副作用もなく、妊娠、出産には影響しません。出産後、授乳後のバストの張りを取り戻すことも可能です。また、静脈麻酔を使用しますので無痛のうちに短時間で終了します。片側で40〜60ccくらいの注入が一回の目安となります。術後のアフターケアは必要ないため、入浴は翌日からできます。豊胸の持続期間は長く、目安として1〜2年間です。さわり心地は誰にも気付かれない自然な感触です。

Copyright © 2008 豊胸手術、悶え苦しむその前に!